AGAの治療前に要チェック!副作用とその対処法について解説!

AGA治療に使われる薬の副作用と対処法について

AGA治療の副作用として勃起不全・肝機能障害・性欲減退・かゆみやかぶれなどがあります。こうした副作用がでるのはごくまれですが、対処法も含め事前にきちんと理解しておくことが大切です。

事前に把握してトラブル回避!AGA治療の副作用にどう対処する?

感嘆符のアイコンと医師

AGA治療を検討している方の中には、「どのような治療薬を使うのか知りたい」「薬の副作用を知りたい」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
AGA治療ではミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドといった薬を使って治療を行います。薬の種類によって考えられる副作用も異なるため、事前にチェックしておくことをおすすめいたします。また、AGA治療薬の副作用についてだけではなく、実際に副作用がでた場合どう対処すればいいのかについてもきちんと知っておくことが大切です。

AGA治療薬の副作用について

こちらではAGA治療薬の副作用について、薬の種類別にご紹介いたします。

【ミノキシジル】
アレルギー反応により、皮膚トラブルをはじめ以下のような症状を引き起こす可能性があります。

  • かゆみやかぶれ
  • 毛包炎
  • 多毛症
  • 立ちくらみやめまい
  • 動悸や息切れ

など

【フィナステリド】
主に男性機能に関わる副作用を引き起こす可能性があります。

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 肝機能障害

など

【デュタステリド】
フィナステリド同様、男性機能に関する副作用を引き起こす可能性があります。

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 肝機能障害
  • 倦怠感や食欲不振

など

以上がAGA治療薬の副作用です。副作用と聞くと不安な気持ちになるかと思いますが、薬を服用した全員がこうした副作用を感じるわけではありません。実際に副作用を感じる患者様は、ごくわずかです。副作用を感じるかどうかは服用する方の体質や年齢によるところが多く、一概には言い切れない部分であるため、「自分は大丈夫」「副作用が怖いから治療しない」など自己判断せず、まずはクリニックや病院にご相談ください。どのような治療薬を扱っているのか、自分の場合はどのような副作用がでやすいのかなど、納得がいくまで相談することが大切です。

AGA治療薬で副作用を感じたときの対処法

副作用があらわれたら、まずはすぐに医師に相談しましょう。副作用を放置すれば、症状悪化の原因となります。患者様と相談しながら、薬の量を減らしたり、別の薬に変更したりと、最適な対処法をご提案します。
副作用がでたからといって自己判断で服用を中止・継続するのは、症状が悪化してしまう可能性があるため危険です。また、AGAは進行性の脱毛症であるため、途中で薬の服用をやめてしまうと治療の効果はなくなり、薄毛・抜け毛の状態に戻ります。そのため、治療期間中に服用をやめたいというときもまずは医師に相談のうえで決めることが大切です。

AGA治療について相談するならオンライン診療を行うクリニックヴィラ東京へ

AGA治療について説明を行う医師

AGA治療には主にミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドといった3種類の薬が使われますが、これらの薬はごくまれに勃起不全・肝機能障害・性欲減退・かゆみやかぶれなどの副作用を引き起こします。
これらの副作用がでた場合、自己判断で服用を中止・継続するのではなく、必ず医師に相談しましょう。減薬や薬の変更など、患者様と相談しながら対処法を決めていきます。

AGA治療について相談したいという方は、クリニックヴィラ東京をご利用ください。オンラインでのAGA治療を専門に行っております。専門的な知識を持った医師がカウンセリングから対応いたしますので、薬の副作用についてはもちろん、治療方法や料金などについてもご納得がいくまでご相談ください。もちろん、相談は無料です。無理な勧誘は一切せず、医学的根拠に基づいた治療の提案のみさせていただきます。
クリニックヴィラ東京では、30日間の全額保証制度もご用意しております。スマホで治療・通院が完結するオンライン診療のため、全国どこからでも治療可能です。待ち時間もございませんので、まずはお気軽にご予約ください。

薬の副作用や治療期間など、AGA治療に関するご相談はクリニックヴィラ東京へ

販売者名Clinic Villa Tokyyo
運営統括責任者田村 崇行
住所〒170-0012 東京都豊島区上池袋2丁目32−19 203
TEL03-6823-5693
メールclinic.villa.tokyo@gmail.com
URLhttps://clinic-villa-tokyo.com/