男性

Rectangle 57
30日間保証
・・・・
日本中どこからでも!

AGA診療専門の医師による

4メリット

選べる3つの治療プラン

 
A.予防プラン
6,600円 or 9,200
(月額料金・税込)
  • 【内服薬】 フィナステリド or デュタステリド
  • 多くの方が利用されている 標準的な治療プランです。
B.育毛プラン
12,000 or 14,600円
(月額料金・税込)
  • 【内服薬 + ミノキシジル内服薬】 フィナステリド or デュタステリド + ミノキシジル内服薬
  • より効果的な発毛を実感したい方向けの上級プランです。
C.発毛プレミアムプラン
19,600〜22,200円
(月額料金・税込)
  • 【フルプレミアムコース】 内服薬(2つの内1つ)+ミノキシジル内服薬 +ミノキシジル外用薬
  • 更に発毛効果を高める 最上級治療プランです。
※国内承認薬の場合は月額+2000円〜2500円(税込み)となります。 ※ミノキシジルに国内承認薬はありません。 ※1日1錠で、上記は1か月分の料金となります。 ※2年以内の健康診断を受けていない方、もしくは健康状態が悪い方で治療上の副作用が気になる方の場合は血液検査が必要になります。採血キットを送らさせていただき、料金は7,700円(税込)となります。

★当院の特徴はカウンセリングから医師が対応

当院の特徴の一つが、カウンセリングから医師が対応することです。普通の大手クリニックは、カウンセラーが最初に対応します。長々と契約までもっていった場合で、かつ、治療開始になるまではなかなか医師と面談することができません。しかし、当院では専門的な知識を持った医師が最初から対応するというスタイルをとっております。 患者第一の医療、患者様のためになることを考えれば当たり前のことです。 ご納得いただくまでご相談ください。

治療の流れ

治療薬について

ミノキシジル

  血管拡張作用により、毛乳頭細胞に栄養が豊富に行き渡ることで、ヘアサイクル(毛周期)を延長させます。そのため、太く・コシのある毛髪が生えるという発毛作用を発揮しているのです。副作用としては血管拡張作用による頭痛、めまい、動悸があります。 また血圧が不安定な方や心疾患のある方は注意が必要です。  

フィナステリド

  ヘアサイクルの成長期を短縮するジヒドロテストロン(DHT)と呼ばれる強力な男性ホルモンがAGAには関係しております。テストステロンはⅡ型5α還元酵素によりからDHTへ変化しますが、フィナステリドはこのⅡ型5α還元酵素の働きを抑制します。その結果DHTが減ることで、ヘアサイクルを元に戻し抜け毛を改善します。副作用としては性欲減退や男性機能の低下を感じる方がいらっしゃいます。  

デュタステリド

  フィナステリドと同様にジヒドロテストロンの発現を抑制しますが、Ⅱ型に加え、Ⅰ型も阻害するためより強力な脱毛抑制効果をもたらします。副作用としてはフィナステリドと同じく性欲減退や男性機能の低下を感じる方がいらっしゃいます。

診療の流れ

オンライン診療の頻度について

 

診察は通常、初回診察後治療開始してから、まず2回目は1か月後となります。 これは、初期脱毛の程度や、お薬が合わなかった場合のことを考えてです。

その後は、3か月毎に診察・フォローアップをしていくことが多いですが、患者さんの都合によって調節は可能です。

4つのこだわり

当院の4つのこだわりは、

  1. 薄毛専門クリニック(病院)である
  2. 安心・安全に考慮している
  3. プライバシーに配慮を徹底している
  4. 全国どこからでも治療可能である

というものです。 もともと、当院を立ち上げた医師の想いは、「遠方の患者様で通院が大変な方、または夜遅くまで仕事をしていて通院が難しい方をサポートしたい」というものでした。 そのため、まず、オンラインでできるシステムを構築しました。そのおかげで、全国どこでも治療が可能で、夜遅くまでの診察も可能、というサービスの提供を実現しております。 また、「専門である」という点にもこだわっております。薄毛治療に特化した私たちだからこそ、できることがあります。 事実、大手AGAクリニックで勤務していた医師のみを採用しております。 また、完全オンラインのため、プラバシーへの配慮はもちろん、治療の不安がなくなるまで最初から医師がカウンセリングするという徹底ぶりです。無駄なカウンセラーのセールスは一切ありません

治療イメージ

治療イメージ
治療イメージ
おそらく、ほとんどのAGAクリニックでは治療のbefore afterを載せていると思いますが、実は医療広告ガイドラインでは治療による前後の比較写真は載せていはいけないこととなっております。
そのため、当院では上記のようなイメージのみとさせていただいておりますが、実際に治療をされた患者様からの満足度は大手クリニックと比較しても、ほとんど変わらないか、医師のサポートが手厚い分、もっと高いのではないかとかなりの自信があります。 安心・安全を第一に、患者様第一の医療、が私たちの信念です。
 

AGAとは

AGA(Androgenetic Alopecia)は、壮年性脱毛症や男性型脱毛症と言われ、遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因です。 その進行には食生活やストレスなども関わっており、抜け毛や薄毛の症状が何年もかかって進行していきます。 早ければ20代で発症することもありますが、症状の進行パターンは決まっているため、すぐにケアを始めることで、脱毛の進行を抑え毛髪の成長を促すことができます。

薄毛・AGAの進行パターン

薄毛はいつのまにか進行するものです。気が付いた時には大きく広がっていることが多く、気になり始めると「自分は薄毛なのではないか」と心配になって来院される患者さまが大半です。 特に、進行が早く治療をしなければ止めることができないAGA(男性型脱毛症)には早めの治療が必要です。 AGAの発症年齢はいつ頃で、どのように進行していくのでしょうか。ここでは、AGAの進行パターンについて解説します。

●日本人男性の30%はAGA。20代や30代でも発症する

若いころは薄毛のおじさんたちを見て、「あの人、薄毛だなぁ」と他人事のように思っていたもの、それがAGAです。自分は大丈夫だろうと楽観視している人も多いでしょう。 ところが、日本皮膚科学会のデータを見ると、日本人男性のAGA発症率は全年齢の平均で30%です。10人に3人がAGA。これは驚くべき数字で、30%といえば、65歳以上の人口がすでに30%近いですから、普通に生活していて出会う高齢者の比率と、男性の中でAGAの方の比率はほぼ一緒なのです。 他人事ではありません。ちなみに、年代別の発症率は以下のようになっています。 20代…約10% 30代…20% 40代…30% 50代…約40% 加齢に伴って、だんだんと発症率が上昇していくことがわかります。20代や30代でも発症する可能性が十分にあり得ます。まだ若いからといって安心していると、薄毛は密かに進行していきます。

●AGAの進行パターンは3つ。最後は側頭部と後頭部だけが残る

AGAの進行には、ハミルトン・ノーウッド分類という分類がよく使用されます。
ハミルトン・ノーウッド分類
ハミルトン・ノーウッド分類
薄毛の状態は、Ⅰ型からⅦ型まで分類され、亜種も含めると10種類ほどあります。しかし、すべての人が同じように進行していくわけではなく、大きく分けて3つの進行パターンが存在します。それぞれの特徴を知っておきましょう。

M型

よく、前髪を上げたときにM字ハゲ、と呼ばれる型です。前頭部の生え際のうち、こめかみに近い部分が後退していきます。真ん中は比較的残りますが、生え際からどんどん髪の毛が薄くなり、それに頭頂部の薄毛が合併することもあります。

O型

頭頂部から丸く薄毛が進行していくパターンです。上から見るとアルファベットのOの形に見えます。自分で鏡を見ただけでは頭頂部の状態を確認できないため、症状がかなり進行するか、他人に指摘されるまでは気づかないことが珍しくありません。 重症化しやすいので、特に警戒が必要なパターンだといえます。

U型

前頭部の生え際がだんだんと後退していくパターンです。前の方はどんどん生え際が後退するため、3つのパターンの中では、比較的進行に気づきやすい方です。

最終型はどのパターンも同じ

AGAはどのパターンで進行したとしても、最終的には側頭部と後頭部の髪の毛だけが残ります。M型とO型は、進行中に合併して現れることも多く、先に薄くなる部分がどこか、の違いでしかありません。 「まだ生え際が後退しているだけだから大丈夫」という考え方はやめて、最終型を意識するようにしましょう。

ヘアサイクルについて

AGAの原因はヘアサイクルの乱れです。 通常は下記図のように 脱毛→初期成長期→成長期→退行期→休止期→脱毛 とヘアサイクルは繰り返しております。
ヘアサイクル
ヘアサイクル
このサイクルの期間は成長期から休止期まで約4年から7年程度と言われております。 そして、一つの毛根でのヘアサイクルは15回から20回程度繰り返されると寿命を終え、毛が生えてこなくなります。 AGAの方は、この期間が短くなり、通常の丈夫で太い毛が生えてこなくなります。そうすると、弱弱しい毛ばかり生えてくるだけでなく、そもそものサイクルの期間が2年や1年などと短くなってくるため、毛根の寿命も短くなってしまいます。死んでしまった毛根からは毛が生えてこないため、「ツルツル」の方は手遅れです。

そのため、「早めの」治療が重要となります。

では、どうしてヘアサイクルが短くなってしまうのでしょうか。 それは、悪玉ホルモンといわれる「DTH:ジヒドロテストステロン」が悪さをするためです。 DHTは毛根に分布する受容体に結合すると、初期成長期であってもすぐに退行期にヘアサイクルを促進します。 「では、そのDHTを少なくすればよいのでは?」と考えた方は正解です。それがAGAの治療となります。 DHTはテストステロンという男性ホルモンが5-α還元酵素という酵素によって還元されることで、産生されます。 そこで、この5-α還元酵素を阻害する薬である「フィナステリド(プロペシア)」や「デュタステリド(ザガーロ)」などを内服することで、DHTがそもそも産生されないようにするのです。 そうすると、正常なヘアサイクルになることで、太くて丈夫な毛が生えてくる、これがAGAが改善する仕組みです。 ミノキシジルを併用すると毛髪量が増えます。その作用機序は不明ですが、もともと降圧薬として開発されたこのミノキシジルは、毛細血管を広げ血液の流れをスムーズにするだけでなく、主に髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクル(毛周期)を延長させる働きを持っています。 さらに、毛乳頭細胞からつくられる「発毛因子」の産生を促したり、毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きもあることから、ミノキシジルは発毛を促す成分として位置づけられています。
 

   

より若々しく、イキイキした人生へ

あなたのお悩みを私達にご相談ください。 男性の薄毛は早く対処すればするほど治療効果が見込まれます。 “Hair for Life” よりカッコ良く、より豊かな人生のためのお手伝いをさせてください。 まずはお気軽にご相談を!

 

 

ご予約を迷われている方へ

Clinic Villa Tokyoは

薄毛・抜け毛で悩まれる全ての男性に

不安や、心配、ストレスなく発毛を

実感していただきたいと思っています。

そこで、お約束いたします!

3つのお約束

治療期間、発毛までの大まかな流れについて

男性型脱毛症(AGA)に対しての内服治療について、どれくらいの時間でどのような経過を経て髪の毛が生えてくるのか一般的なことをここからは説明していきます。発毛・育毛する、生える生えると言われても具体的に時期やボリュームについていまいちイメージができないかと思いますので、下記でご確認ください。当院ではAGAのスマホでできるオンライン治療を実施しており、月額6900円から治療をどこでも誰でもいつでも開始することができます。お気軽にお問合せください。

AGA治療の発毛経過「個人差が大きい」が大前提

AGAで内服治療を開始した場合の発毛経過は、正確に言えば個人によって差がありバラバラです。治療を開始する前の生活習慣、毛髪ボリュームやAGAの進行状態(薄毛の程度)によって効果を実感しやすい場合もあれば、なかなか思うように効果が出ないこともあります。 見た目が同じような状態であっても、内服薬の効果が異なる場合もあります。 上記のように、一概に同じ発毛の経過を辿るというわけではありませんが、おおよその発毛変化の目安を当記事では一般論でご紹介いたします。必ずしもこうなるという性質のものではないことを前提にご覧ください。

第一段階:初期脱毛(2・3週間目~3ヶ月目頃まで)

AGAについて調べたことがない方は驚かれる方が多いですが、「プロペシア(フィナステリド)」など主要なAGAの内服治療を開始すると1ヶ月目〜3ヶ月目くらいまでは初期脱毛といって、もともと生えていた弱くて細い毛がどんどん抜けていく現象が起こります。これは、次に生えてくる太くて丈夫な毛を育てるための整備のようなもので、通常の反応です。 「薬を飲み始めたら、抜け毛が増えた!」と不安になる方が多いため、内服薬での治療開始前に初期脱毛についてはしっかりと説明をいたします。 パターンとしては抜け毛がごそっと短期的に増える場合や、じわじわ増える場合など人によって様々です。 初期脱毛は効果があるサイン 初期脱毛について何も知識がない人が上記の説明を受けずに治療を開始しますと、「治療薬が効くどころか悪化しているのでないか?」と強い焦りや憤りを感じてしまいます。しかし、初期脱毛は3ヶ月以内で収まることがほとんどで、正常な反応ですのでご心配はなさらないようにしてください。この反応は内服薬である「フィナステリド」や「デュタステリド」がしっかりと効果を発揮し、乱れていた毛周期(ヘアサイクル)を整え始めたサインです。 AGAになると「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンによって毛周期が短縮されることで、細く弱い「軟毛(なんもう)」が増えてしまうのですが、それらの弱い毛を下から丈夫な毛が押し上げてサイクルが再調整され、抜けがが増えるというイメージです。 毛量にお悩みの患者さまが実際に話しを聞いていても、初期脱毛は一時的に不安になる要素です。しかし、何度も言うようにこれは治療薬が効き始めた証拠のようなものです。初期脱毛を経れば軟毛は大幅に減り、その後にはしっかりと育つ能力を備えた丈夫な髪が生え始めます。

第二段階:3ヶ月の経過 効果がやや感じられ始める

最初の鬼門「初期脱毛」を乗り越えた先、3ヶ月を経過した頃には微かですが、丈夫で太い毛が増えてくることによって髪の毛全体にハリとコシが出てきたように感じられるのが一般的な経過です。ただ人によっても経過は異なりますので、はっきりとした効果を実感される方もいれば、「少し変わってきたかな?」と言う程度の方もいらっしゃいます。 治療中に当院で段階的に写真撮影をしていると、客観的に最初の段階と比較できるため、患者さまからの視点でも「意外と増えてきていますね」と感じられる方も多い印象です。職場の同僚やご家族などは、その違いに気づかれるケースは稀ですが、着実に新しい太く丈夫な毛髪が育ち始めている時期に入ってきたと言えます。 一般的に、AGA治療では「最低3ヶ月以上、できれば半年以上は治療を継続してください」と案内されることがほとんどです。その理由は、上記の初期脱毛から新しい毛が生えてくるまで、そしてそれらを実感するまでに目安として3ヶ月から半年くらいの時間経過を要するためです。

第三段階:半年経過 頭頂部のボリュームが増してくる

半年程度の内服治療を継続すると、ほとんどの方が一般的に頭頂部のボリューム増加を実感されるかと思われます。特に、これまで地肌が透けていた方の場合は、頭皮自体が髪の毛のボリュームで隠れるようになり、「やっと髪の毛が増えてきた!」と嬉しい表情で診察に来られる方がほとんどです。 男性型脱毛症(AGA)の薄毛タイプにもO字型やM字型など数種類のパターン・モデルが存在しますが、ジヒドロテストステロン(DHT)が多い部位は特に「頭頂部」や「生え際(前頭部)」です。遺伝的な傾向によってここら辺の部位に「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素が多い場合は、この酵素と男性ホルモン「テストステロン」が結びつき、DHTが産生され毛の軟弱化が進んでしまうのです。 半年ほどで毛のサイクルは整いますから、この時期になると「フィナステリド」や「デュタステリド」の作用によって「5αリダクターゼ」がテストステロンと結びつくことが阻害されているのでDHTが過剰に産生されていない通常の状態になります。M字型の方よりも、O型の方のほうが効果を実感しやすいという印象です。

第四段階:1年経過 産毛が多い生え際にも効果が出てくる

治療開始後1年を経過すると、生え際など産毛が多く透け感が多い部位にもある程度コシと弾力のある髪の毛が生えてくるというのが一般的です。 もちろん、ツルツルで毛根が残っていない方やほとんど正常な毛根が残っていなかった方がふさふさになるということは難しいですが、「少し気になるな」程度で治療を開始された方に関しては1年以上経過すれば、気にならなくなるくらいには毛量が増えてきます。この段階になると、不安はほとんど払拭されるでしょう。 毛髪量が増えることで、対人関係にも自信がつき仕事やプライベートの両方で積極的な行動をとることができるようになったというケースも少なくありません。外見が内面に良い影響を与えるのは周知の事実です。そのまま治療を継続していただき、より良い生活を送っていただきたいと思います。

内服治療を終了すると本来の状態に戻っていく

AGAの治療に関して具体的なイメージを持たれていなかった方は、「生えれば終了」というような印象を持たれている方がいるかと思います。しかし、実際には内服をやめると元の状態へ戻っていくため、毛髪量を保つためには内服薬を継続する必要があります。

副作用・リスクについて

 

AGA治療薬の副作用には、以下のような症状があります。症状が出た場合は、すぐに当院へご連絡いただくか、お近くの医療機関を受診してください。 頭皮のかぶれ・かゆみ 頭皮に薬を塗布した箇所が、かぶれてしまう人がいます。接触皮膚炎といい、AGA治療薬に含まれる成分が刺激となりアレルギー反応を引き起こしている状態です。主な症状は発赤、湿疹、掻痒感などです。そのまま放置したり、ひっかいたりするとさらに頭皮環境が悪化してしまい、薄毛や抜け毛が進行する恐れがあるため早めの処置が必要です。 抑うつ症状 一部のAGA治療薬に、抗うつ症状があります。因果関係は詳細不明ですが、ホルモンバランスの乱れやうつ症状を抑制する作用の成分が関係している可能性が考えられます。やる気や集中力の低下、イライラしやすくなるなどの症状が挙げられます。 性欲減退 AGA治療薬のうち、抜け毛を抑制するために男性ホルモン(テストステロン)に働きかけ、副作用で性欲減退につながるものがあります。しかし、副作用として性欲が減退する可能性は数%と非常に低いといわれています。また、これによる妊孕性の低下はありません。 勃起不全 上述の性欲減退とも関係しますが、副作用として勃起不全になることがあります。夫婦関係や妊活にも影響するため、家族の理解が必要です。 呼吸困難 まれに呼吸困難を引き起こすことがあります。これはアナフィラキシーショック症状の前兆の可能性がありますから、AGA治療薬を服用してから動悸や息切れなどを感じた場合は、すぐに医師に相談しましょう。 肝機能障害 副作用の中でも肝機能障害が出る確率は、1%以下と非常に低いとされています。ただし、肝炎や肝硬変などの持病がある方は、事前に医師へ伝えましょう。
 
 

AGA治療や薄毛に関するご相談ならクリニックヴィラ東京へ

AGAや薄毛などの髪に関する悩みを解決するなら、クリニックヴィラ東京までお問い合わせください。オンラインに特化したクリニックであり、専門知識を持った医師による治療をご提供しております。患者様が治療で後悔することのないよう、治療内容や治療薬、治療期間、副作用・リスク、費用などの詳細も丁寧にご説明いたします。

髪のトラブルは年齢・性別を問わず、早めに治療を始めることが重要です。健康的な髪を目指す方をしっかりとサポートさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

AGA治療や薄毛治療に関するご相談はクリニックヴィラ東京へ

販売者名Clinic Villa Tokyyo
運営統括責任者田村 崇行
住所〒170-0012 東京都豊島区上池袋2丁目32−19 203
TEL03-6823-5693
メールclinic.villa.tokyo@gmail.com
URLhttps://clinic-villa-tokyo.com/