薄毛の治療を検討中なら事前にチェック!治療する薬の種類や選び方を解説!

薄毛治療に使用する薬の種類と選び方をご紹介

薄毛治療には内服薬と外用薬があり、症状などによって複数の薬を併用することもあります。AGA治療薬は自分の体質や持病を把握した上で選ぶことが大切です。まずはクリニックや病院にご相談ください。

病院に行く前にチェック!薬の種類や自分にあった薬の選び方とは?

AGA治療薬の種類や選び方について

AGAの治療には様々な薬を使用します。安心して治療を始めるために、まずは治療で使用する薬について理解を深めることをおすすめいたします。
こちらでは、AGAのタイプや治療に使用する薬の種類、選び方についてご紹介いたします。

AGAの2タイプ

・男性ホルモンの影響によるもの
男性ホルモンである「テストステロン」が頭皮にある「5αリダクターゼ」という酵素と結合することで、「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変わります。このホルモンは、毛乳頭の受容体に結合すると髪の毛を軟毛化しようと働きます。髪の毛の成長が妨げられることで細い髪の毛しか育たなくなり、薄毛になりやすいのです。
こうした男性ホルモン受容体の感受性の高さは母方の家系から隔世遺伝されることから、母方の祖父に薄毛の方がいると孫にその影響が現れやすくなります。

・生活習慣や食生活などによるもの
AGAの原因は、生活習慣や食生活などの後天的なものも大きく関わっています。例えば、睡眠不足や運動不足、偏った食生活、過度なストレスなどにより、自律神経やホルモンバランスの乱れ、血流不足を引き起こします。これらは髪の毛の成長を妨げる原因となり、AGAの発症や進行を促してしまうのです。

AGA治療薬の種類と選び方

・内服薬
AGAの内服薬として、具体的にはミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドなどが挙げられます。発毛を促進する、抜け毛を抑えるなど、薬によって効果が異なることから、複数の薬を併用する場合もあります。外用薬よりも高い効果が得られる一方で、副作用のリスクについてきちんと理解しておくことが大切です。考えられる副作用も薬によって異なるため、必ず医師の診断のもと決められた用法・用量を守って服用しましょう。

・外用薬
頭皮に直接塗布することで治療を行う薬です。内服薬同様、ミノキシジルの成分を含むものが主流で、毛母細胞を活性化させることで発毛を促します。ミノキシジルを含む外用薬は市販されているものも多く、ドラッグストアやネット通販などでも購入できますが、医療機関で処方される外用薬とは含有量が違うためご注意ください。

数多くあるAGA治療薬の中から自分に合ったものを見つけるには、まずは自分の体質や持病を把握する必要があります。そのため、クリニックや病院では事前に血液検査を行い、現在の健康状態をチェックします。その上で、改善したい悩みに合わせて薬を処方します。
AGA治療中に薬による副作用がでた場合は、すぐに医師にご相談ください。場合によっては服用を中止したり、服用する量を減らしたり、薬を変更したりいたします。自己判断で薬の服用の中断・継続を決めるのは危険なため、必ず医師に相談することを心掛けましょう。

薄毛でお悩みの方はクリニックヴィラ東京へ相談を

PCと医師

薄毛でお悩みの方の中には、AGA治療をお考えの方もいらっしゃるでしょう。AGAには男性ホルモンや遺伝などの先天的な要因と、生活習慣や食生活などの後天的な要因があります。治療に使用する薬には内服薬と外用薬があり、症状や期待する効果などにより複数の薬を併用します。薬は副作用のリスクもあることから、自分の体質や持病を把握し、最適なものを選ぶことが大切です。まずはクリニックや病院へ相談してみましょう。

クリニックヴィラ東京では、スマホで治療・通院が完結するオンライン診療を行っております。国内承認薬の処方も行っておりますので、ご希望の方はご遠慮なくお問い合わせください。カウンセリングから医師が対応するため、治療に関する不安や薬の副作用など、納得がいくまでご相談いただけます。23時まで営業をしておりますので、まずはお気軽にご予約ください。

薄毛でお悩みの方はAGA治療専門の「クリニックヴィラ東京」へ

販売者名Clinic Villa Tokyyo
運営統括責任者田村 崇行
住所〒170-0012 東京都豊島区上池袋2丁目32−19 203
TEL03-6823-5693
メールclinic.villa.tokyo@gmail.com
URLhttps://clinic-villa-tokyo.com/